So-net無料ブログ作成
看護教育 ブログトップ

続く。続かない(^^;) [看護教育]

看護教育に携わってきて、なんとなくですが、続く理由、続かない理由がわかったて来たように思います(^^;)ゞ

続く理由は、結構簡単(^^)v

看護学生が好きです♪
教えるのが好き。
学生の成長が好き♪(^^)

でも、反対に、
妥協(夜勤が出来ないなど、勤務スタイルで仕方なく)。
”教員”と言うステイタス。(大きな病院だと、教員経験は、主任や師長に上がりやすいらしい・・・?(^^;))
学生にいろいろ言える!

などの理由もあります(-▽-;)

続かない理由は、本当に様々ですが、ほとんどが人間関係だと思います(^^;)ゞ

まぁ、これはなにも、看護教育現場だけには、限りませんが・・・(^^;)ゞ
なんせ、看護師に離職理由を尋ねると、なんと7割近くが人間関係が理由だそうです(^^;)ゞ
まぁこれは、看護師同士、患者関係、医師との関係が含まれますけどね(^^)v

あと、バーンアウト:燃え尽き症候群(^^;)
理想が高ければ、高いほど、上手くいかない現実と折り合いがつかなくなります(^^;)ゞ

学生は、こうあるべし!!の”思い込み”は良いんですが、
私の知っている方々に限っては、「教員はこうあるべし」は無いんですかねぇ~~??と
ツッコみたくなります(^^;)ゞ

後は、臨床:病院の現場とのギャップ!
臨床では、超勤は、必ずと言っていいほど”手当て”が出ます。
しかし、看護教育現場では、ほとんど出ません(^^;)ゞ
そして、授業を考える事、実習での記録指導など、その他モロモロに対する手当てもありません(^^;)ゞ
付属学校などに移動になると、経済的に重要ポストを担って働いている方は、夜勤手当や超勤が付かない事、持ち帰りの仕事に対する対価が、ググッと減るので、「やっていけない(--;)」と言って、移動願いを出したり、ひどいと辞められる事もあります(--;)
付属や関連学校だと、基本給は一緒ですから、余計に手取りの減った感は、ハンパないです(^^;)ゞそのくせ、仕事量は、変わらない、もしくは増える。量が減ったとしても、教員のストレスはハンパないですからね(^^;)何とか、ならないかなぁ~~と、教員同士でグチグチ言う時も!あります(^^;)ゞ

私の看護教員としての理想は、学生と一緒に考え、悩み、一緒に成長できることです(^^;)
まぁ、難しいんですが・・・(-▽-;)
なんせ、学生の成長のスピードについていけない自分を、なかなか受け入れられない、私の器の小ささ(^^;)ゞ
そして、つい!答えを教えたくなる”お節介ババぁ根性”(--;)
反省[たらーっ(汗)]反省[あせあせ(飛び散る汗)]
気を付けようと思います(^^)v
出来れば、、これからも教育現場で頑張りたいと、新年度を迎え、そう改めて思います(^^)v

アンニュイな気分(^^;)ゞ [看護教育]

教育を仕事にしていると、ちょっと嫌な事が、この時期有ります(--;)ゞ

そう、進級・・・(--;)

専門学校なので、単位数や時間数で、進級がある程度左右されます。

そこで痛いのが、授業や実習の休み理由(--;)

インフルエンザやノロウィルスなど法定伝染病などで、やむを得ない事情の場合は、学校としては補習なり、補充なりをして、何とか進級に響かないようにしますが・・・。

問題は”体調不良”(--;)
その際に受診していない理由・・・(^^;)
 
色々ゴタゴタあって、厳しい結果になると”未履修による留年”(--;)

こうなると、助けようがありません(^^;) 黙って結果を受けてもらうしかありません(^^;)ゞ

この結果が出るまで、教員間では、もう!!ほんとーーーーーに!のたうち回るような会議・話し合いの嵐です[もうやだ~(悲しい顔)]

その内容を、ビデオで撮って、見せてやりたい(><;) どんだけの思いで、教員が学生の事を考えているのか!!

な~~~んて、ちょっと会議が続くと、ヘタレな私は思います(^^;)ゞ

大学何かだと、スッパリ割り切れるんでしょうし、小中の留年制が無い所、高校の履修制なんかだと良いんでしょうが、そこの所は小さい専門学校なので、中々学生への思いや教育の考え方が色々ありますし、最終「患者さんにとって!看護師として!」と言う適性なんかも絡んでくるので、ホント難しい所ですね(^^;)ゞ

進級会議をやるたび、昔風でいえば、アンニュイな気分になる私です(^^;)ゞ

受験生の皆さん、気を付けて・・・(^^;) [看護教育]

私の勤務するのは、専門学校!職業人を育てる学校です(^^)

次世代の看護を担う専門職業人を育てる為の学校です(^^;)ゞ

ですので、入試があります(^^;)ゞ

ちょっとした筆記試験と短い面接で、受験者の人生の選択が決まります(--;)

正直・・・重い・・・(・・;)

でも、受験校の教員ですので、受験者の将来の看護師の厳しく適性を見ないと、入学してから「入れなきゃ良かった」と後悔はしたくないので・・・

受験者が、学校の校門をくぐった時点で、教員の評価は始まります(^^;)

面接の態度は、結構皆さん練習してくるので、あまり差がないので、大きな評価対象にはなりませんが、筆記試験を行っている態度を、結構見ています(^^)v

これは、やはり授業態度の反映と見るからです(^^)v

なので、筆記試験中、大っぴらに足を組んだり、机の外に足を開いて出していたりは、チェックの対象となります(^^;)

後は、面接では応答の内容は もちろんですが、意思表示の仕方、自己の看護に対する関心が大きく評価されます!

そして、看護は医療に関わるので、医療に対するアンテナの高さも評価になります!
これは、入院患者さんやその家族は、やはり病気なので、そのニュースや情報を関心高く、集めてきます。
その時に看護師として「知らない」では済まされない・・・と言う病院の事情が絡んできます(^^;)ゞ

そして、面接を待つ態度も、やはり評価対象になります(^^;)ゞ

そして、面接が終わって、帰る時の態度など、教員と接する態度は、すべて評価になっている!と思った方が良いです(^^;)ゞ

一番気を付けて欲しいのは、やはり社会人受験者の方ですね(^^;)

意外に、社会人の方が、普段の態度が筆記試験の態度や、待ち時間の態度などが悪かったりします(--;)ゞ

教員としては、嘆かわしいですが・・・(^^;)

特に、帰り際は、気も緩んでいるんでしょうが、教員が「お疲れ様でした」と声をかける時は、大抵受験番号を把握して声をかけているので(^^;)

歩いていても、止まって足を揃えて挨拶ができるのは、ほとんどが高校生です(^^;)ゞ

この辺りが社会人の詰めの甘さなんでしょうね(^^;)ゞ

看護学校の受験は、あくまで看護師になる素質があるかどうかを見極める大事な試練です(^^;)ゞ
専門学校は「職業人を育てる!」と言う意識の高さが高く、礼節を受験のすべてに発揮できなければ、受かる事はありません(^^;)ゞ
そのくらいのプライドと誇りを持って、教育に当たっている・・・・つもりです(^^;)ゞ

なので、受験生の皆さん!頑張って下さいね(^^)v 少しでも参考になれば(^^)v

勉強の仕方それぞれ(^^) [看護教育]

看護師は、職業人(^^)v

それを育てるのためには、勉強もですが、実際に現場に出て、「見て、やって」をジで行く教育です(^^)v

その中で、学業:座学では、いまいちの学生が、実習で、グ~~~ンと伸びる事があります(^^)v

それがキッカケで、実習後の座学の成績も伸びていきます(^^)v

なんででしょうかね??(^^;)ゞ

座学でも、実践的な話はあるし、実習では学習時間は足りなくて、寝不足にあるのがほとんどなんですが、勉強するんですよね(^^;)ゞ

体験して、初めて勉強の面白さが出るんですかね??(^^;)ゞ

それとも、勉強嫌いでも、実習で、勉強の仕方がわかるんですかね??(^^;)

受け持つ患者さんの為に頑張ってくれるんでしょうか??

そうだったら、うれしいです♪(^^)v

良く分かりませんが、実習で自信がついて、卒業してくれれば、ホントありがたいです(^^)v

研修報告(--;) [看護教育]

研修に行くと、モレナク付いてくるのが「報告書」(--;)

9か月の研修の内容を、書くのは、ホント大変です(--;)

そんでもって、何故だか、発表会まで(@@;)

理由は、「今どきの看護教育の内容を、一緒に働く先生方に公表、周知、実施してほしい!!」

と、一番偉い先生のお言葉(・・;)

逆らう事など、まったっく出来ず、エッチラオッチラ報告書を、PC使って、ポチポチ(^^;)ゞ

取りあえず、報告書は大まかには出来ているんですが、問題は発表会(--;)

他に研修行った方とも話し合って、「教育評価」について発表予定です(^^;)

昔は、評価と言えば、テスト!!  学生時代は、ホント嫌いだったなぁ~(^-^;)
点数で、がっちり順位が付いて、「おバカ」レッテル張られまくりだった・・・(^^;)ゞ まぁ、勉強しない私が悪いんですけどね(^^;)ゞ

研修で、教育評価について勉強しましたが、今は 「評価は、授業をやっている方の為にある」感じです(^^)v

つまり、学生の評価:テストが悪いのは、教えている私:授業者が下手なのか、伝わってないから、直しなさいね!と言う意味が大きくなっているようです(^^;)ゞ

時代が変われば、評価も変わるもんです(^^;)ゞ

つまり、今度の発表会で、発表して、聞いている先生方が理解できなければ、私は研修で何を習ってきたの!!(-曲-+)

となるんです(--;)

あぁ~~~あぁ~~(--;) 憂鬱です(^^;)ゞ でも、せっかく習ってきたので、拙いですが、ボチボチ頑張ります(^^)v
看護教育 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。