So-net無料ブログ作成

ご無沙汰してます(^^;) [日記]

お仕事で、スッタモンダがありまして、ただいま静養中です(^^;)ゞ

ご訪問もままならず、本当に申し訳ありません(^^;)ゞ

もう少ししたら、回復しそうです(^^;)

まぁ、世の中の荒波に、揉まれてない[あせあせ(飛び散る汗)]・・・らしいので、もう少し揉まれ慣れたら、頑張ります[あせあせ(飛び散る汗)](^^;)

本当にすみません[あせあせ(飛び散る汗)]

無痛分娩に思う(^^;) [助産師]

無痛分娩の見学をしました(^^)v

腰から持続で麻酔薬を入れ、陣痛・産痛を取って、お産をする方法です。

自然なお産とは違って、痛みが無いので、お母さんの痛みに対する恐怖がないです。

でも、やはりリスクはあって、赤ちゃんへ麻酔が効いてしまう(寝てしまうので、息が出来ない→危ないです(^^;)ってか、最悪死んじゃいます(--;))
痛みが無いので、赤ちゃんが陣痛だけで外へ出てくるのに時間がかかったり、麻酔が効いて陣痛そのものが弱くなってしまうので、陣痛促進剤の使用は必須となります。
だから、異常も起きやすく、吸引分娩や帝王切開になる事も多いそうです(^^;)ゞ

海外では、結構無痛分娩は多いようですが、我慢が美徳の日本では、まだまだメジャーな出産方法ではありません(^^;)ゞ

自分は、訳あって、帝王切開で子どもを産んでいるので、偉そうには言えませんが、やっぱり痛い思いを乗り越えてこそ、子どもが可愛いと思えるような気がすんですよね~(^^;)ゞ

医療者の端くれですが、医療の発達って、どうも、人間としての本能を色々遠ざけようとしているような気がして、????と思ってしまう現実を感じています。

科学の発達は素晴らしいものです。でも、色々な事が一足飛び過ぎて、人の感情や情操を置いてきぼりにしているような気がします。

無痛分娩そのものを否定はしません(^^)v痛みで気絶してしまうような方や、恐怖でお産が出来ない!と思っている方には、ホント~~~に、ありがた~~~い出産方法です(^^)v

虐待の事件を聞くと、痛い思いをして、せっかく産んだのに・・・と思うと、
痛い思いをせずに出産したら、もしかして虐待なんかは無かったのかな??なんて思ったりもしますから・・・(^^;)

産むのはお母さんで、出産方法を選ぶのもお母さん!でも、安直になんでも、自然でできる方法を医療介入してしまうのは、どうなのかなぁ~~??(・・;)
と、無痛分娩を見学して、シミジミ思ったりしてみました(^^;)ゞ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。